<< August 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
ARCHIVES
令和2年6月13日、しみ抜き教室を開催しました
令和2年6月13日、しみ抜き教室を開催しました。

ご要望は受けつつも、新型コロナウイルスの影響で
残念ながら休講を余儀なくされていたのですが、
緊急事態宣言の解除がなされたことで
やっと再開することができました。
お待ちいただいていた皆さん、ありがとうございます!

さて、今までのグループ教室は
佃区民館という広い会場で開催しておりましたが、
今回は会場を当店舗とし、少人数グループで行いました。
初のホームでの開催です!

天候は雨でしたが、のんびりと和やかなしみ抜き教室となりました。


◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆

■初回講座 ~応急処置編~

応急処置及びご自分でのお手入れのポイントとなるのは、
これは何のしみかを見極めることです。
このしみの成分は主に水なのか油なのか、何か付着しているのか、などを考えて、
その上で「自分でできるのはここまでだ」と判断できることが重要なのです。

とはいえ、お着物を汚したときは概ねとっさのことで、やはり焦ってしまいます。
そこを冷静になって処置することができるよう、
お着物に実際に醤油、エクレア、抹茶、野菜ジュースをつけ、
実演を交えてご説明させていただきました。


教室写真2jpg.jpg


この他にも、適切な湿度管理や防虫剤の使い方など、
お着物を保管するうえで重要なことをお伝えしました。
小人数だからこそざっくばらんな談話形式で、
皆さん積極的にご質問されていましたよ。


2講座は、実際にプロも使っているしみ抜きセットの使い方講座です。
現場でも使っているプロの道具と聞き、皆さん興味津々です。
今回は市販されているベンジンのにおいの嗅ぎ比べもしてみました。
ご自宅でお着物をメンテナンスするときには、
換気すること、火気を近づけないことをしっかりお伝えしました。
霧吹きやブラシの使い方をレクチャーされたあとは、まず練習布で予行練習。
慣れないことの上、少人数のため講師やスタッフがつきっきりだったので、
別の意味でも緊張されてしまったかもしれません。

3・4講座目は、いよいよ実際にお持ち頂いたご自分のお着物のお手入れです。
霧吹きやブラシの使いかたをイメージトレーニングしてから、いざ実践。
長年気になっていた衿汚れが落ちると、
皆さん「きれいになった!」と喜んでいました。

一度見ただけではなかなか覚えきれませんが、何度も繰り返していると
霧吹きもうまく使える様になりますし、動きはスムーズになります。
ぜひお家でも実践してみてくださいね!



今回はホームでしたので、普段の出張では詳しくご紹介できないことも
お伝えできたのではと思います。
ご参加いただいた皆さん、長い時間一日本当にお疲れ様でした!


まだまだ新型コロナウイルスで予断を許さない状況が続きますが、
これからも参加希望者数を見極めながら、
少人数制で行っていこうと考えております。

開催に際しましては、感染予防の徹底に注力し、
安全・安心な教室運営に努めてまいりますので、ぜひご参加ください!




<<お客さまの声 受講後のアンケートより>>

●とても勉強になりました。お手入れ頑張りたいと思います。ありがとうございました。

●実際のお手入れをやらせてただいて、なかなか見たとおりに行かないものだと思いました。勉強になりました。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
9月21日、しみ抜き教室を開催しました!
9月21日、約半年ぶりにしみ抜き教室を開催しました。

実はその前の週、9月14日にコミュニティクラブたまがわ様が企画されています
二子玉川のカルチャーセンターでお手入れ講座を開催させていただいたのですが、
そちらを受講いただいた方々が、衿袖口洗いを実践しに
今回のしみ抜き教室にもご参加くださいました。

雨天の予報でしたが天候にも恵まれ、和気あいあいと賑やかな会となりました。

◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆

■初回講座 ~応急処置編~

まずは、着用時に食べ物をこぼしてしまった時の対処法と
普段のお着物のお手入れ方法についてをご説明する、
実演を交えての講義です。

1.jpg

お店にも、よく食べ物をこぼしてしまって
無理に落とそうとして力いっぱい擦ってしまい、
結果繊維の表面を真っ白くなるまで荒らしてしまったり、
ご自分で洗ってみて逆にジミを広げてしまった着物が持ち込まれます。

セルフケアの失敗は、汚してしまった時の焦りと、
間違った知識による何とかなるんじゃないか?という過信であったり、
そんな身近なところにあるような気がします。

ああ、これは頑張っても落ちないんだな、
だからこれはここまでの処置でやめてプロに任せよう。
いざその時がこれば当然焦ってしまうけど、冷静にそこの線引きを出来ることが、
結果一番着物を傷めず、かつしみ抜き代もお安くなります。


また、普段のお着物のお手入れとして、
カビなどを生やさないために何が重要なのか?
防虫剤を入れる場合、やってはいけないのはなに?
といったことを写真を交えながらご説明させていただきました。


2講座目からは実際にしみ抜きセットを使っての実習です。

衿と袖口は一回着ただけでも汚れてしまう箇所なので、
自分で適切にケアできると安心ですよね。
プロが使っているものと同じものを使って、実際に
ご自分の着物をお手入れしていただきます。
しみ抜きセットの中身も一つずつ説明させていただきました。

2.jpg


まずは練習布で霧を均一に吹く練習、
疲れず生地に負担のないようブラシをあてる練習をしてから、
いざ自分の着物。

皆さん緊張されていましたが、
肘を動かさないで、ここでは生地を浮かせて~…など、講師も
細かくアドバイスさせていただき、皆さんみるみるお着物をきれいにしていきました。

独学だけでは不安ですが、今回の実践で自信がついたのか、
「家にある着物もやってみます!」と言ってくださる方もいて、
お役に立ててよかったなと改めて思います。

3.jpg

ご参加いただいた皆さん、長い時間一日本当にお疲れ様でした!
いよいよ着物のシーズン、ぜひお着物を着てお出かけくださいね。


<<お客さまの声 受講後のアンケートより>>

●とても勉強になりました。

●今までどうすればよいか分からず、衿洗いをYouTubeを見てやろうと思いましたが、やらなくて良かったです。論理的、化学的な説明でよくわかり、実際に落とせて感激しました。

●説明がわかりやすく、雰囲気も和やかな感じで良かった。
しみ抜きに必要なセットが揃っているので取り組みやすい。

●1日で沢山学べるのは遠方からの方には特に良いと思う。

●やってはけない応急処置、大変勉強になりました。パールトーン加工も納得しました。
しみ抜きセットも購入出来て良かったです。

●しみ抜き教室、大変為になりました。まさか、素人の自分の手で着物のしみ抜きができるとは思わず、驚きました。下手をすれば、着物そのものをダメにするかもしれず、正しい方法を知れば、ある程度自分で対処できることが判りました。そして、自分でできない時は、扇屋さんに駆け込みます。

固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
6月15日、令和初のしみ抜き教室を開催しました!
6月15日、しみ抜き教室を開催しました。
令和初、20年めに突入した記念すべき回でした。
ベンジンを使う以上、換気をしながらでないと教室ができないので
ずっと前からお天気を心配していたのですが、天気予報は見事に当たり、
この日だけピンポイントに雨模様。
それでも17名の方々に受講いただき、和気あいあいと賑やかな会となりました。

◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆

■初回講座 ~応急処置編~

応急処置及びご自分でのお手入れの基本は、
「どこまでであきらめるか?」「自分でどこまでできるか?」
だと思います。

着物に限らず、いろんなトラブルはあります。
でも怖がらずお着物を着ていただきたいので、
もし汚してしまったときどうすればよいか? 何をしてはいけないのか?
をまず知っていただくことが、重要だと思います。
今回も、実際にお着物に醤油、シュークリーム、抹茶、野菜ジュースをつけて
ご説明させていただきました。

IMG_0621.jpg

また、お着物の保存の仕方や湿気・カビ対策、
気持ちよくお着物を着ていただくための普段のお手入れについてご説明しました。


2講座目からは実際にしみ抜きセットを使ってみます。
現場でも使っているプロの道具と聞き、皆さん興味津々です。
霧吹きやブラシの使い方を学び、まずは練習布で実践。
霧の吹き方、腕の角度、ブラシをかけるスピードなど、最初はなかなかお教えしたとおりにはできませんが、しばらくすると皆さん道具に慣れてきます。
そして、いよいよ3・4講座目、実際にお持ち頂いたご自分のお着物をお手入れしていただきました。
同じことを本や動画を見るだけでやってみるのは、やはり不安なもの。実際にプロ立ち合いのもとで実践できるのは、心強いですよね。
今回も、「落ちた!」と嬉しそうな声があちらこちらで上がっていました。


今回は応急処置とご自分での衿・袖口のお手入れなのですが、
アンケートでは、こんなシミも自分で何とかしたい!と希望するお声が多かった気がします。
それには専用の道具や薬品が必要になってきますのでなかなかお教えするのは難しいのですが、
きれいになった! という感激を味わっていただけたからこそかな、と思います。
ご参加いただいた皆さん、長い時間一日本当にお疲れ様でした!


IMG_0622.jpg

<<お客さまの声 受講後のアンケートより>>
●とても勉強になりました。一度の経験では覚えきらないので、何度か参加できればと思っています。

●わかっているようでわかっていなかったこと、昔から言われてきたことが実は根拠がなかったりかえってよくなかったりということを科学的具体的に説明していただけて、腑に落ちた気がしています。着物を大切にする「心」までも改めて教えて頂けた気がします。

●今まで怖くて応急処置もできなかったのですが、今日から衿の汚れや袖の汚れくらいは自分でお手入れできそうで嬉しいです。

●大変楽しく、そしてためになりました。ありがとうございました。今後に役立てられそうです。

●とてもためになりました。理科の授業のようで、論理的なお話でしたが、わかりやすい説明で、あっという間の一日でした。

●今までベンジンを使わずに、1シーズンおわったら洗いに出していましたが、日々の汚れをすぐおとしていきたいと思いました。

●その作業1つ1つに理由があって、注意ポイントがわかりやすかったです。

●とても勉強になりました。先生のお話も楽しく、時間の経つのが早かったです。

●わかりやすく、やりやすい教室でした。しみぬきの知識も和裁士は意外とないので、着物に携わるプロの方たちもこういうことを知っていたらいいのになあと思いました。家に帰ってもう一度自分の着物をお手入れして自分のものにしていきたいです。

●今日は参加させていただきありがとうございました。12年前に着た着物がきれいになりうれしかったです。今後ともお世話になります。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
★テレビ取材 放送予定のお知らせ★

本日2月21日(木)、
『二代目 和風総本家』(TV東京系列)の最初のコーナーで、
再び扇屋を取り上げていただくことになりました!

作業している工房の雰囲気など、感じて頂けると思います!

お時間ございましたらぜひご覧ください!
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
10月14日、しみ抜き教室を開催しました!

10月14日、今年最後のしみ抜き教室を開催しました。

猛暑が過ぎたと思ったら、朝晩は急に冷え込むようになりました。
朝は少し雨がぱらついていましたが、少しずつ晴れ間が見えて
なんとか雨は降らずにすみました。

会場の窓からは着物姿の女性がちらほら見られ、
お着物にはちょうどいい気候だったのかもしれませんね。

今回のしみ抜き教室は、9名の方々が受講されました。
遠くは石川県からもご参加いただき、今回は少人数だからこそ
気軽に質問や疑問が飛び交う活気あふれる会になりました。

◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆

■初回講座 ~応急処置編~
初回はお着物を着ているときのトラブルにどう対処していくか、
また普段のお手入れをどうするかをお伝えする講義です。

しみ抜き教室を始めて18年以上、今回も
「おばあちゃんの着物」の出番です。
おばあちゃんの着物は今日も
醤油をたらされ、プリンを落とされ、抹茶を付けられ、野菜ジュースをこぼされ…( ;∀;)
お着物を着ているときこんなトラブルがあったら、どうすればいいのか?を
実際にシミを付けて皆さんにご説明させていただきました。
(なお、お着物は教室が終わった後にしみ抜きをちゃんとしてますのでご安心ください!)

IMG_0281.jpg

ポイントは焦らず、冷静に。
おしぼりで叩いたりハンカチで擦ったり、ついやってしまいがちなことほど
着物にダメージを与えます。
出来ることはするけど、これ以上はプロにお任せする。
着物と長く付き合うためのコツとも言えますね。

この他にも、着物の保管のしかたや防水加工についてなど、
気をつけていただきたいことをご説明しました。


2講座目からは実践編、ベンジンを使った衿と袖口の洗い方です。
特製のしみ抜きセットの概要と使い方をレクチャーしたら、まずは練習布で実践。
練習布とはいえ、やはり着物の生地で絹。皆さん最初は緊張気味ですが、
何度か練習すると道具の使い方にも慣れてきます。
となると、早く自分の着物をきれいにしたい! とうずうずしてくるようでした。

IMG_0284.jpg


待ちに待った3、4講座目、実際にご自分のお着物の衿と袖口を洗っていただきます!
一度着ると必ず汚れてしまう衿と袖口を自分で洗えれば、
お着物を手入れに出す回数も減りますね。

普段からご自分でベンジンを使ってお手入れをされているお客様も、
「今までは、ビクビクしながら衿汚れの手入れをしていましたが、
少し自信がつきました(^-^) 」
とおっしゃってくださいました。
ベンジンは着物の雑誌や本でも使い方が紹介されていますが、
やはりそれだけでは不安なもの。
既に実践されている方も、ぜひ受講ください。
より効率よく、輪ジミにならないやり方を実際にお教えしていますよ。

ご参加いただいた皆さん、長い時間一日本当にお疲れ様でした!



<<お客さまの声 受講後のアンケートより>>

●今まで素人が手を出しちゃいけない、としみ抜きはプロにおねがいするだけでしたが、自分でできる処置を教えていただいたおかげで自分ができること⇔プロにまかせるべきことが、明確になりました! あと、今まで正しいと思っていたことに誤解がたくさんあることを教えて頂いて、目からうろこでした!

●着物の知識もあまりなかったのですが、とてもわかりやすかったです

●とても興味深く、今までの事が腑に落ちました。

●大変参考になりました

●着付けなどはお教室が全国にたくさんありますが、このようなお手入れのお教室は唯一だと思います。長年知りたかったことが学べ、とても有意義でした。ありがとうございました。

●今日はとても興味深く、お話も楽しく判りやすく、あっという間にタイムリミットが来てしまいました。まだまだお聞きしたいこと、ご指導いただきたいこと、後から後から出てくる気がしております。

固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する