<< August 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ARCHIVES
6月15日、令和初のしみ抜き教室を開催しました!
6月15日、しみ抜き教室を開催しました。
令和初、20年めに突入した記念すべき回でした。
ベンジンを使う以上、換気をしながらでないと教室ができないので
ずっと前からお天気を心配していたのですが、天気予報は見事に当たり、
この日だけピンポイントに雨模様。
それでも17名の方々に受講いただき、和気あいあいと賑やかな会となりました。

◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆

■初回講座 ~応急処置編~

応急処置及びご自分でのお手入れの基本は、
「どこまでであきらめるか?」「自分でどこまでできるか?」
だと思います。

着物に限らず、いろんなトラブルはあります。
でも怖がらずお着物を着ていただきたいので、
もし汚してしまったときどうすればよいか? 何をしてはいけないのか?
をまず知っていただくことが、重要だと思います。
今回も、実際にお着物に醤油、シュークリーム、抹茶、野菜ジュースをつけて
ご説明させていただきました。

IMG_0621.jpg

また、お着物の保存の仕方や湿気・カビ対策、
気持ちよくお着物を着ていただくための普段のお手入れについてご説明しました。


2講座目からは実際にしみ抜きセットを使ってみます。
現場でも使っているプロの道具と聞き、皆さん興味津々です。
霧吹きやブラシの使い方を学び、まずは練習布で実践。
霧の吹き方、腕の角度、ブラシをかけるスピードなど、最初はなかなかお教えしたとおりにはできませんが、しばらくすると皆さん道具に慣れてきます。
そして、いよいよ3・4講座目、実際にお持ち頂いたご自分のお着物をお手入れしていただきました。
同じことを本や動画を見るだけでやってみるのは、やはり不安なもの。実際にプロ立ち合いのもとで実践できるのは、心強いですよね。
今回も、「落ちた!」と嬉しそうな声があちらこちらで上がっていました。


今回は応急処置とご自分での衿・袖口のお手入れなのですが、
アンケートでは、こんなシミも自分で何とかしたい!と希望するお声が多かった気がします。
それには専用の道具や薬品が必要になってきますのでなかなかお教えするのは難しいのですが、
きれいになった! という感激を味わっていただけたからこそかな、と思います。
ご参加いただいた皆さん、長い時間一日本当にお疲れ様でした!


IMG_0622.jpg

<<お客さまの声 受講後のアンケートより>>
●とても勉強になりました。一度の経験では覚えきらないので、何度か参加できればと思っています。

●わかっているようでわかっていなかったこと、昔から言われてきたことが実は根拠がなかったりかえってよくなかったりということを科学的具体的に説明していただけて、腑に落ちた気がしています。着物を大切にする「心」までも改めて教えて頂けた気がします。

●今まで怖くて応急処置もできなかったのですが、今日から衿の汚れや袖の汚れくらいは自分でお手入れできそうで嬉しいです。

●大変楽しく、そしてためになりました。ありがとうございました。今後に役立てられそうです。

●とてもためになりました。理科の授業のようで、論理的なお話でしたが、わかりやすい説明で、あっという間の一日でした。

●今までベンジンを使わずに、1シーズンおわったら洗いに出していましたが、日々の汚れをすぐおとしていきたいと思いました。

●その作業1つ1つに理由があって、注意ポイントがわかりやすかったです。

●とても勉強になりました。先生のお話も楽しく、時間の経つのが早かったです。

●わかりやすく、やりやすい教室でした。しみぬきの知識も和裁士は意外とないので、着物に携わるプロの方たちもこういうことを知っていたらいいのになあと思いました。家に帰ってもう一度自分の着物をお手入れして自分のものにしていきたいです。

●今日は参加させていただきありがとうございました。12年前に着た着物がきれいになりうれしかったです。今後ともお世話になります。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
★テレビ取材 放送予定のお知らせ★

本日2月21日(木)、
『二代目 和風総本家』(TV東京系列)の最初のコーナーで、
再び扇屋を取り上げていただくことになりました!

作業している工房の雰囲気など、感じて頂けると思います!

お時間ございましたらぜひご覧ください!
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
10月14日、しみ抜き教室を開催しました!

10月14日、今年最後のしみ抜き教室を開催しました。

猛暑が過ぎたと思ったら、朝晩は急に冷え込むようになりました。
朝は少し雨がぱらついていましたが、少しずつ晴れ間が見えて
なんとか雨は降らずにすみました。

会場の窓からは着物姿の女性がちらほら見られ、
お着物にはちょうどいい気候だったのかもしれませんね。

今回のしみ抜き教室は、9名の方々が受講されました。
遠くは石川県からもご参加いただき、今回は少人数だからこそ
気軽に質問や疑問が飛び交う活気あふれる会になりました。

◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆

■初回講座 ~応急処置編~
初回はお着物を着ているときのトラブルにどう対処していくか、
また普段のお手入れをどうするかをお伝えする講義です。

しみ抜き教室を始めて18年以上、今回も
「おばあちゃんの着物」の出番です。
おばあちゃんの着物は今日も
醤油をたらされ、プリンを落とされ、抹茶を付けられ、野菜ジュースをこぼされ…( ;∀;)
お着物を着ているときこんなトラブルがあったら、どうすればいいのか?を
実際にシミを付けて皆さんにご説明させていただきました。
(なお、お着物は教室が終わった後にしみ抜きをちゃんとしてますのでご安心ください!)

IMG_0281.jpg

ポイントは焦らず、冷静に。
おしぼりで叩いたりハンカチで擦ったり、ついやってしまいがちなことほど
着物にダメージを与えます。
出来ることはするけど、これ以上はプロにお任せする。
着物と長く付き合うためのコツとも言えますね。

この他にも、着物の保管のしかたや防水加工についてなど、
気をつけていただきたいことをご説明しました。


2講座目からは実践編、ベンジンを使った衿と袖口の洗い方です。
特製のしみ抜きセットの概要と使い方をレクチャーしたら、まずは練習布で実践。
練習布とはいえ、やはり着物の生地で絹。皆さん最初は緊張気味ですが、
何度か練習すると道具の使い方にも慣れてきます。
となると、早く自分の着物をきれいにしたい! とうずうずしてくるようでした。

IMG_0284.jpg


待ちに待った3、4講座目、実際にご自分のお着物の衿と袖口を洗っていただきます!
一度着ると必ず汚れてしまう衿と袖口を自分で洗えれば、
お着物を手入れに出す回数も減りますね。

普段からご自分でベンジンを使ってお手入れをされているお客様も、
「今までは、ビクビクしながら衿汚れの手入れをしていましたが、
少し自信がつきました(^-^) 」
とおっしゃってくださいました。
ベンジンは着物の雑誌や本でも使い方が紹介されていますが、
やはりそれだけでは不安なもの。
既に実践されている方も、ぜひ受講ください。
より効率よく、輪ジミにならないやり方を実際にお教えしていますよ。

ご参加いただいた皆さん、長い時間一日本当にお疲れ様でした!



<<お客さまの声 受講後のアンケートより>>

●今まで素人が手を出しちゃいけない、としみ抜きはプロにおねがいするだけでしたが、自分でできる処置を教えていただいたおかげで自分ができること⇔プロにまかせるべきことが、明確になりました! あと、今まで正しいと思っていたことに誤解がたくさんあることを教えて頂いて、目からうろこでした!

●着物の知識もあまりなかったのですが、とてもわかりやすかったです

●とても興味深く、今までの事が腑に落ちました。

●大変参考になりました

●着付けなどはお教室が全国にたくさんありますが、このようなお手入れのお教室は唯一だと思います。長年知りたかったことが学べ、とても有意義でした。ありがとうございました。

●今日はとても興味深く、お話も楽しく判りやすく、あっという間にタイムリミットが来てしまいました。まだまだお聞きしたいこと、ご指導いただきたいこと、後から後から出てくる気がしております。

固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
和裁士さん・仕立て屋さん向け「血のしみ抜き教室」開催のお知らせ
しみ抜き教室を始めた当初から、
和裁士さんを中心に血のしみ抜きの方法を教えて欲しいというご要望を頂いておりましたが、
血の染み抜きはベンジンを使用するしみ抜きと比べると高度な技術を要するうえに、
使用する道具も高価な物を揃える必要があるなど、
教室を開催するには難しい問題がありました。

しかし近年では道具が進化し、安価で販売される物も出て来たため教室開催が可能となり、
この度、新規プログラム

和裁士さん・仕立て屋さん向け
「血のしみ抜き教室」


を開催することとなりました!


*** 開催概要 ***

■日時:10月21日(日) 9:30~12:30

(終了時間は前後する場合がございます)

■場所:佃区民館3階 「東京都中央区佃2丁目17−8」


■カリキュラム:

一級染色補正技能士 家田貴之による講義・実演

1 .水染みを作らない作業方法
2 .血の染み抜きの方法
3 .道具の紹介
4 .質疑応答

仕立て作業中についてしまった付着して直ぐの血液を落す方法をお教えします。
(大量の出血や、付着して何カ月も経ったもの、熱を加えてしまったものなどは該当しません。)

■受講料:5,400円(税込)

※染み抜きに使用する道具の販売は行いません。

■お申込み期間: 定員になり次第終了

■お申込み方法
「血のしみ抜き教室」お申込みは、専用フォームから承っております。
https://my.formman.com/form/pc/7haLHEsMPie4XHtM/


皆さまのご参加お待ちしております。


なお、このプログラムは応用編です。10月14日に開催される応急処置、衿・袖口洗い(ベンジンの使い方など)の講座を先に受講されるとより理解が深まります。こちらもどうぞ!

10月14日開催の「しみ抜き教室」
http://www.ougiya.tv/lesson/#tab1
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
5月19日、しみ抜き教室開催!

5月19日、しみ抜き教室がありました。

ずっといいお天気が続いているのにこの日だけ当初雨の予報で、
どうなることかと思っていましたが……雨は何とか降らなさそうな空模様。
周辺の地域では運動会を開催していたところもあったようで、
暑すぎないまずまずなお天気だったのではないでしょうか?

今年初めてのしみ抜き教室、今回は14名の受講者さんに、
お着物のお手入れのコツをご説明させていただきました。

ずっと受講するか迷っていたけど、来て良かった!と言ってくださる方もいて、
今回も大成功だったのではないでしょうか?(*^_^*)


◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆

■初回講座 ~応急処置編~
まずは実演を交えた、講義タイプの応急処置編です。

全体.jpg

お弁当に付いているお醤油の小袋を切ったら飛んできた!
大好きなエクレアにテンション上がって落とした!
抹茶を運んでいたらはねた!
野菜ジュースのパックにストローを差したら飛び出た!

日常生活でよくあることは、お着物を着ているからといって無くなるわけでもなく。。。
逆に、お着物だからと余計気を付けているはずなのに
自らトラブルを招きに行っている気がするのはなぜなのでしょうね…(身をもって体感)

そこで、お着物を着ていて食べ物や飲み物をこぼしてしまったとき、
どうするのが良いのか? 
というところをご説明させていただきました。

kougi.jpg

ポイントは焦らず、冷静に。
おしぼりで叩いたりハンカチで擦ったり、ついやってしまいがちなことほど
着物にダメージを与えます。
出来ることはするけど、これ以上はプロにお任せする。
その線引きはとても重要です。

この他にも、着物の保管のしかたや防水加工についてなど、
お着物にこれからも親しんでいく上で気をつけていただきたいことを
ご説明しました。


2講座目からは、着物を着たら必ず汚れてしまう衿と袖口の洗い方をお教えしました。
特製のしみ抜きセットの概要をお伝えし、まずは練習布で実践。
皆さん練習布を使って練習するときは、不慣れなのもあって霧吹きがうまく使えないのですが、
実際に着物の汚れを対面すると出せるようになるものです。やはり目標があるとパワーが出るようです。
ご自分で綺麗に出来たら、感激もひとしおですから!

3、4講座目では、実際にご自分のお着物の衿と袖口を洗っていただきました。
ベンジンで擦れば皮脂汚れが落ちると本などの知識で知っていても、
いざそれを自分の着物でやれと言われたらそれは話が別。
なかなか怖くて実行にうつせないものですが、
キチンとしたやり方を身に付ければ大丈夫です! 
漠然と怖いイメージがあるベンジンの、換気をすること・ドライヤーは冷風で、といった注意すべき扱い方をお伝えしたほか、
汚れ落としの際のブラシのスピード、腕の動かし方など細かいところまでしっかりレクチャーさせていただきました。

実践.jpg

今日覚えたことを忘れないうちに、家庭でもやってみる!
これから怖がらず着物が着れます!
参加者の皆さんがそんな風に言ってくださり、大変嬉しいです。
今回お教えした応急処置や着用後の衿袖口洗いが、皆さんに着物を着ていただくことにつながり、結果、着物業界全体が盛り上がればいいなと思っております。


着物初心者だけど大丈夫ですか?と気にされる方もいらっしゃいますが、そこは全く問題ありません。
受講に際し分からないことがありましたら、お気軽にご質問ください。できる限り不安を解消して、気持ちよく受講いただけるようにご説明させていただきます!

もし忘れてしまったり、もう一度復習したいなと思ったら、
受けたい講義だけ受講いただいてもOKです。
適切なお手入れ方法を身につけて、長くお着物に親しんでいきましょう(*^^*)

ご参加いただいた皆さん、長い時間一日本当にお疲れ様でした!



<<お客さまの声 受講後のアンケートより>>

●着物初心者でまわりの人たちに聞きながら対応しています。
今回は自分でお手入れする第一歩となり、良かったです。
色々教えて頂きありがとうございました。

●分かりやすい言葉で繰り返し楽しく教えて頂いたので、とてもよく理解できました。
また、自分でできること、できないことの区別が分かったので、プロの技術もお借りしながら楽しく着物を着たいと思います。
(事前にとても丁寧にメールで案内していただき助かりました。)

●仕立ての仕事を続けるうえで学ばせてもらいたいと参加しました。
職人の仕事を見られてありがたい体験をさせてもらいました。

●大変参考になりました。他の着物もトライしてみます。

●とても勉強になりました。家にある着物もやりたいと思っています。

●いろいろ教えて頂き、来て良かったです。

●是非参加したいと思っていた講座でした。講師の熱心な授業に感動しました。
さらに着物に愛情をもって触れ合っていきたいと思いました。

●「ベンジン」の扱いについて、不安や怖さがなくなりました(漠然と怖い・有害なイメージが強かった)。
適切な処置をして早めのプロのお手入れがとても大事だと肝に銘じました。
不安な汚れやシミは、深追いせず早めにプロに任せる!

●大変勉強になった、同じベンジンでも使い方によってきれいに汚れが落ちることが分かった。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する