<< December 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
ARCHIVES
4月22日 しみ抜き教室
今回の教室は、飛行機で来られた方や、近県からも多くご参加いただきました。

また前回受講されて、おさらいでまた参加された方も。

汚してしまうのがイヤで、着物が着れずタンスの肥やしになってしまう。

本やDVD参考にベンジンを使ってみたけど、イマイチ。。。

など、みなさんそれぞれお悩みがあったようです。


■初回は 外出先でしみを付けてしまった時の応急処置。

外出先で着物にシミを付けてしまった時の、応急処置の仕方です。

醤油や抹茶、野菜ジュース、チョコレートクリームなど、

それぞれ成分がちがうものを、

目の前で着物に付けて(!)、実演していきます。

どんなしみでも慌てず、シミが水溶性なのか、油性なのか、たんぱく質が入っているのかなど

まず考えてみましょう!

それによって応急処置の仕方が変わってくるので、生地にダメージを与えない方法を

講師が丁寧に説明していきます。


最初に何をするかで、後々の着物の状態も変わってきます。

正しい応急処置の方法を覚えて、大事な着物を

長く着れる様にしていきたいですね♪


後半は着た後の手入れ・雨の日対策・保管の仕方、虫干しやたとう紙、

防虫剤の注意点など。


またipadを使って、汗をかいた状態やカビのものなど、

着物のいろんな状態をくわしく見ていただきました。



■2~4講座めからは、実技です。

しみぬきセットを使って、自分の着物の衿、袖口汚れを落としていきます。

まずはブラシの当て方、霧吹きの使い方から。

練習用の布を使って実践していきます。

最初は上手く出なかった霧吹きも、少しずつきれいに霧が出るようになりましたね。

そしていよいよ自分の着物で。

襦袢や半衿、単など男物や紬や友禅、金が入っているものなど。。

色々な物をお持ちいただきました。


形や柄、汚れ具合で、洗い方や注意点も変わりますので

まずはテストをして講師が一枚ずつ説明しながら

片衿、片袖を洗っていき、

残りを自分で洗ってみます!

ビフォアーアフターで比べると、汚れがきれいになっているのがわかって

「おお~!」との声が。

みなさん洗いながら

着物を気楽に着れるようになった!とご満悦の様子でした。

終了時間ギリギリまで、質問が飛び交う、活気のある一日となりました!

ぜひおうちでも衿袖口洗いを実践してみてくださいね。

みなさま本当にお疲れ様でした!



<<お客様の声 受講後のアンケートより>>



○とてもわかりやすかったです。引火が怖くてベンジンを使うことができませんでしたが、
家でやってみます。(東京都 K.A様 30代 )

○基本を知らなかったので、ためになりました。衿、袖口の汚れ取りにチャレンジしてみます。(東京都 T.N様 50代)

○ひとりひとり丁寧に教えていただけて、とてもありがたかったです。
(東京都 N.Y様 50代)

○とても参考になりました。DVDをよく見ていたのですが、やはり実際に教えていただくとよくわかりました。(東京都 A.Y様)

○とても参考になる講義でした。(東京都 N.Y様 50代)

○勉強になりました。(福岡県 Y.W様)

○もっとはやく受講できれば良かったと思いました。夫の着物でしみ抜きを練習します!
(東京都 S.N様 30代)

○目からうろこでした。大変参考になりました。(東京都 N.F様)

○最初は値段が高いかな、と思いましたが、メンテナンスの知識がないと着物を着続けるのは難しいと考えたので、参加しました。
自分で衿、袖口もきれいにできるようになれるので、参加後はそんなに高くないかな、
と思いました。(神奈川県 Y.S様 40代)

固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
<<5月19日 しみ抜き教室 | 5月 しみ抜き教室のご案内 >>