<< October 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
ARCHIVES
2013年11月30日(土) しみ抜き教室

今年もいよいよ最後となったしみ抜き教室・・・・
とっても肌寒かったのですが、久々のお天気にも恵れ、
絶好の教室日和となりました!

今回もたくさんの方々にお越し頂きましたよ^^
ありがとうございます!!


◆1講座目◆ ~応急処置編~

初回の講座では、着用時にうっかりこぼしてしまった!そんな時の応急処置を^^

醤油・生クリーム・抹茶・野菜ジュースといったタイプの違う汚れを、
実際に着物につけて実演スタート!

キッチンペーパーやティッシュなど、身近にあるものを使用して対処していきます。

ここでポイントとなるのは、“擦らない・叩かない”こと!
無理に擦ったり、叩いたりするとスレの原因にも・・・・・・

ポイントを押さえて、できる範囲での応急処置を心がけましょう!


後半では、カビ対策・防虫剤・丸洗いなど、
日々の着物lifeに役立つ豆情報のお話^^

皆さん、真剣にメモされていましたね。
そして質問もたくさんあり、大変中身の濃い初回となりました!



◆2講座目◆ ~実技 練習編~

2講座目は、霧吹き&ブラシのかけ方の練習です^^

今回は汚れが分かりやすいように、
練習布にファンデーションを付けて行いました!

霧の吹き方、ブラシの動かし方など、
細かく丁寧に説明しながら、講師が実演していきます。

はじめて作業で、皆さん少し難しそうにされていましたが、
とても楽しそうに和気あいあいと作業されていたのも印象的でした^^



◆3・4講座目◆ ~実技 衿・袖口洗い編~
 
3・4講座目では、皆さまにお持ちいただいたお着物の
衿&袖口を実際に洗っていきます^^

お持ちいただいたお着物は、大島・長襦袢・金彩があるものなど様々・・・
講師が解説を交えながら、ひとつひとつ手本を実践していきます。

そしていよいよご自分でトライ!

汚れが落ちる様子はもちろん、これが“自分でもできる”ということに
皆さん歓声を上げられていました^^


今回も皆さまのご協力のもと、教室が無事終了いたしました!

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました^^
本当にお疲れ様でした!!



《 お客様の声 受講後のアンケートより 》

・とても分かりやすくて、勉強になりました。しかも楽しい作業でした。
 (O・C様)

・とても良かったです。練習して長襦袢の衿洗いの手入れができるようになろうと思います。
 (東京都 M・K様)

・汚れが気持ちよく落ちて楽しかったです。
 どんどん汚しながら着物生活を送りたいと思います。
 (神奈川県 N・K様)

・もっと早くにこの教室を知りたかったです。
 お手入れの方法が分かり、もっと着物を着る機会が増えそうです。
 (東京都 A・Y様)

・着物を着て汗をかいてしまう機会が多いので、
 2~3回は自分で手入れができると助かりますし、
 いい着物でも着ようと思えるようになりました。
 (東京都 S・C様)


20131130_095008 (640x480).jpg

20131130_135804 (640x480).jpg

20131130_135851 (640x480).jpg
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
2013年10月26日(土) しみ抜き教室
10月26日に開催されたしみ抜き教室^^

生憎のお天気でしたが、前回から約4か月ぶりの教室ということもあり、
たくさんの方々にご参加いただきました。

中には「ずっと来たかった~」と嬉しいお言葉をかけて下さる方も^^
この教室を楽しみに待ってる方がいらっしゃる、こんなに嬉しいことはありません!
本当にありがとうございます。


さて、今回も初回は『着用時に付いたシミの応急処置』。

お着物で食事の際、うっかりこぼしてしまった!そんな時の応急処置です。

講師が醤油・生クリーム・抹茶・野菜ジュースといったタイプの違う汚れを
実際に着物につけて実演していきます。

抹茶では、粉の状態・液体の状態、それぞれの応急処置の方法を解説。
今回はお茶をされている方も多く、皆さん熱心にメモをとられていました。

参加者の皆さんからの質問を交えながら、
着物の保管の仕方・カビ対策・防虫剤などについても解説していきました~

皆さん、時間いっぱいまで質問などをされていて、
大変内容の濃い初回でした!



二回目以降はいつも通り実技へ^^

二回目では、しみ抜きセット+練習布を使用し、
霧吹き&ブラシのかけ方の練習です。

簡単そうに見えて、実は難しい霧吹き・・・・
皆さん最初は苦戦しているようでしたが、
三回目・四回目に進むにつれ、着実に均等に吹けるようになっていました!

ご自宅では、お水を霧吹きに入れて、
ぜひ練習してみてくださいね^^


三回目・四回目では衿・袖口洗いの練習です。
 
ご参加の皆さまにお持ちいただいたお着物で、
講師が解説を交えながら手本を実践していきます。


そしていよいよご自分でトライ!

初めての作業で、なかなか上手く出来ず、
輪ジミができてしまった方もちらほら・・・・

そんな時でも焦らず、落ち着いて作業を!
講師がお手本を見せながら、丁寧に解説・指導していきます。

参加者の方もご自分で徐々に輪ジミをとることができていました!



今回、台風の接近で開催できるか心配でしたが、無事終了できました。
ご参加いただいた皆様、ほんとうにありがとうございました^^

講義中・作業中、ホントに楽しそうに取り組まれているのが印象的でした!

ぜひこれからの着物ライフに役立ててみて下さいー♪
本当に一日お疲れ様でした!!


《 お客様の声 受講後のアンケートより 》

思っていたより難しかったです。自分で手入れできるようになるには、
練習が必要だなと感じました。着付けの講師をしているので、大変勉強になりました。
(I・R様 東京都)

祖母が以前、ベンジンでのお手入れをやっていたのですが、
自分一人で絹にベンジンを吹きかけるのが怖かったので、教室ででき、安心しました。
ペースも無理なく分かりやすかったです。
(A・S様 東京都)

衿や袖の汚れが簡単に落ちたのには、驚きました。
きちんと手間をかけてあげないと着物がもったいないし、申し訳ないなと思いました。
(F・M様 神奈川県)


道具を揃えて満足しないように、使いこなしたいと思います。
(O・C様 神奈川県)

ベンジンの使い方、手の動かし方などが分かり、非常に役に立ちました。
今後自分でも多少の汚れなら落とせると思うと、もっと気楽な気持ちで着物が着れると感じました。
(F・C様 千葉県)

着物について素人でしたが、素人にも分かりやすい説明で
家で実際にやってみたいと思いました。
(K・A様 東京都)

インターネットで初めて御社の講義を見つけてから、ようやく受講する機会ができ、
参加して心よりためになったと感じました。
着物のしみ抜きに限らず、保存方法も学べ感謝しています。
(T・Y様 埼玉県)

2013.10月 (640x480).jpg

2013 10月② (600x800) (480x640).jpg

2013 10月③ (640x480).jpg
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
6月15日 しみ抜き教室 
今回は、今年2回目のしみぬき教室でした!

お天気が心配でしたが、雨も降らず無事に教室を開催することができました^^


生徒さんからの質問や、着物に関する体験エピソードなど
様々なお話をお聞かせいただき、今回も大変活気ある教室となりました!


 
■初回の講座(応急処置編)

いつものように初回は、外出先で着物にシミを付けてしまった時の応急処置。

と、その前に『生地が傷むとは?』『シミの種類を見極める』
『熱を加えてはいけない理由とは?』など、応急処置の際に知っておきたいポイントを
講師が丁寧に説明していきます。

皆さん、「なるほど~」と真剣にメモされていました。

そしていよいよ、実際に着物に汚れを付けて、
どの汚れが落ちるのか?落ちないのか?を見ていきます!


今回も水溶性(醤油)・油性、たんぱく質(シュークリーム)・固体が混じったもの(抹茶)・色素系(野菜ジュース)と成分の違うものを、生徒さんの目の前で着物にベチャッ(!)
と付けて、実演していきます。


身近にあるティッシュなどを使用して、叩いたり擦ったりしないように、
表面の水分&物質をとっていきます。

その後、揮発性の溶剤でどの汚れが落ちるのか、
ひとつずつ講師が実演していきます。

今回は、生徒さんの要望で、抹茶の粉を直接振りかけて、
ブラシで払い落とす方法も実演しました!


シミがついた瞬間は、「あッ!!」と皆さん、
思わず声をあげられていました(^▽^;)


ここではのポイントは、

あわてず、シミがはたして水溶性なのか?油性か?たんぱく質が入っているのか?
など、しっかり見極めること。

落ちない汚れを無理に落とそうとすると、
逆に生地を傷める原因となってしまいます>_<


また着物が乾くまでの間、カビの対策や防虫剤の注意点など、
意外と知られていない、普段から役立つ情報もお伝えしましたよ~。


上手に保管して、大切な着物を長く着用したいですね^^



■2回目の講座(実技)

2回目は、しみぬきセット&練習用布を使用した実技です!


講師が丁寧に説明しながら、ブラシの調節なども生徒さん自身で行います。


ブラシの当て方や霧吹きの使い方を、練習用の布を使って実践していきます。

皆さん練習布の目印に向かって、真剣に練習されてました・・・

はじめは難しそうでしたが、何回も練習してすっかり上達されていましたね^^



■3~4回目の講座(衿の汚れ&袖の汚れ)

3~4回目の講座では、実際にご自分の着物で実践していきます!

今回も大島や単衣、色が出やすい着物など様々なものが。

ひとつひとつ講師がテストをしていき、
その着物に合ったアドバイスをしていきます。


はじめは緊張してぎこちなかった生徒さんも、
終わる頃にはスムーズに作業されていましたね!



今回は、着物を初めてまだ2ヶ月なのでドキドキしていますっ!といった方や
和裁をされている方など、様々な方々にお越しいただきました^^


生徒さん同士でアドバイスしあったり、
和気あいあいとした楽しい様子が印象的でした^^


着物初心者の方から、着物に長く携わっている方など様々な方が
交流できる場にもなっていけたらいいなぁ~と嬉しく思いました^^


ご参加頂いた皆様のおかげで、素晴らしい教室となりました!
ありがとうございました^^


一日、本当にお疲れ様でした!



<<お客様の声 受講後のアンケートより>>

●自分で手入れをするのが心配で、すぐ生洗いに出していましたが、
今回の教室を受講して、自分でやってみようという気持ちになりました。(東京都 H・F様)


●大変分かりやすく、ためになりました。
いろいろと、間違った情報があるということが分かりました。(東京都 H・Y様 40代)


●とても分かりやすく、実際に実演を見ることができ、安心できました。
また自宅でできるということを学べてよかったです。参加してよかったです。


●分かりやすく、とても有意義な実のある教室でした。
しみ抜きの基本もよくわかりました。ありがとうございました。(神奈川県 S・F様 50代)




DSCF4956.JPG
DSCF4959.JPG
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
4月20日 しみ抜き教室
今年初のしみ抜き教室、多くの方にご参加いただきました!

着物を着始めた方、お茶をなさっている方、和裁を勉強中の方々など。。。

みなさん着物について様々なお悩みがあり、

時間ギリギリまで質問が飛び交う、活気ある講座となりました。


■初回の講座(応急処置編)■

外出先で着物にシミを付けてしまった時の、応急処置のやり方です。

着物を着て外出先で、水が飛んでしまったり、

食べ物のシミを付けてしまうこと、ありませんか?

応急処置では、それぞれちがう成分のものを実際に着物の上前に付けて、

生地にダメージを与えない応急処置のしかたを実演します。

今回は、醤油・チョコクリーム・抹茶(液状と粉状)・

野菜ジュースの4種類。

ポイントはシミが水溶性なのか、油性なのか、たんぱく質など入っているか。

おしぼりなどであわてて叩いてしまう前に(これはやっちゃダメ!

生地が擦れてしまいます)落ち着いて考えてみましょう。

また、あくまでも応急処置なので、ここまでの作業で止める、

という見極めも肝心です。

後半は、着た後の手入れ・しまい方、防虫剤の注意点。。。

またこれからの季節、気になる湿気対策など、

事例を紹介しながらご説明します。

正しく保管して、大切な着物を長く大事にしていただきたいですね!



■2回目の講座(実技)■

2回目からは、しみぬきセットを使っての実技です。

講師が丁寧に説明しながら、ブラシの当て方や霧吹きの使い方を

練習用の布を使って実践していきます。

最初はベンジンの霧吹きでみなさん苦戦されてましたが。。。

だんだんとコツを掴んで霧が出るように上達されていました!



■3~4回目の講座(衿、袖の汚れ落とし)

3~4回目の講座では、実際にご自分の着物で汚れ落とし!

紬や単衣、襦袢、半衿など色々なかたちのものをお持ちいただきました。

講師が一枚ずつ注意点を伝えながら、片衿、片袖ずつお手本で洗っていきます。

汚れが落ちていくと「わ~!!」と歓声が上がりました。

ビフォア・アフターをその場でご自分の目で確認できるので、

みなさま「楽しい!」「家にある着物でやってみます!」とのお声も。

講座終了後は生徒さん同士の会話も弾み、終始和気あいあいとした会となりました。

皆さん一日、本当にお疲れ様でした!



<<お客様の声 受講後のアンケートより>>


●しみ抜きに関する情報交換が出来てとても楽しかったです。
 今までおそるおそる扱っていた着物もどんどん着てみたい
 です。(K.Y様 千葉県)

●はじめて参加したのに、詳しく教えてくださってありがとうございました。
 次回は、2時間目、3時間目も参加したいです。(M.O様 東京都)

●普段から着物を着用する機会が多く、独学でベンジンで汚れ落としを
 やっていましたが、逆に輪ジミを作ったりしていたので、今回の講習で
 正しい方法を知る事が出来てよかったです。簡単にお手入れが出来れば、
 もっと気軽に着物を着る人が増えてよいと思いました。(M.T様 東京都 40代)

●とても勉強になりました。実演では、家田先生と助手さんの目が行き届いていて、
 親切だと思いました。(R.O様 東京都 40代)

●着たあとすぐの手入れが大切だということがわかりました。
 これからは家へ帰ったらすぐに点検するようにします。(A.N様 神奈川県 50代)

●衿だけの汚れの場合、自分で何とかできればと常々思っていたので、
 とても参考になりました。(A.N様 埼玉県 40代)

●今までなあなあにしていた着物の手入れについて、一歩踏み出せたと思います。
 家にある色々な着物を試してみたいと思います。(N.Y様 神奈川県 30代)

●すごくためになりました。これで自信をもってお手入れできるようになります!
 丁寧に教えてくださってありがとうございました!(Y.M様 東京都 40代)

●すごくわかりやすく、楽しい教室でした。注意しなければいけないポイントなども
 教えて頂き、非常に助かりました。(M.A様 神奈川県)

●プロの技をおしみなく教えてくださり、ありがとうございました!!
 これで安心して着物でおでかけできます。(Y.H様 東京都 50代)

●自分でやる気がでました。実践します!(C.S様 東京都 50代)

●大変勉強になりました。今回第1回だけでしたので、第2回以降の講座も、
 ぜひ受けたいと思います。(K.M様 東京都 40代)


IMG_3133.JPG

IMG_3191.JPG

IMG_3205.JPG

IMG_3137.JPG

固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
11月17日 しみぬき教室
今回は、今年最後のしみぬき教室となりました!

お天気のすぐれない中、今回もたくさんの方ににお越し頂きました。

着物をしみぬき屋さんに出したいけど不安がある、というお悩みをお持ちの方や、お茶をやられる方、和裁のお仕事をされている方などもご参加いただき、その方ならではのご質問やお悩みもあったようです。

また、お着物で参加される方もいて、とても華やかな教室になりました^^ 


■初回の講座(応急処置編)

初回は、外出先で着物にシミを付けてしまった時の、応急処置の仕方です。

着物を着ている際によく付く汚れは、食べこぼしが多いようです。

そこで、醤油・チョコクリーム・抹茶・野菜ジュースといった、水溶性・油性・色素系など、それぞれ違った成分のものを、生徒さんの目の前で着物にポタッと付けて(!)、実演していきます。


ここでのポイントはシミが水溶性なのか、油性なのか、たんぱく質が入っているのかなど、しっかり見極めること。

あわてないで考えてみましょう!


どの汚れも身近にあるティッシュなどを使用して、作業していきます。

また、この時には絶対に「たたく・こする」事をしないことが大切です!
生地を痛める原因になってしまいます。

生徒さんの中には、今まで叩いていたので今日参加して本当に良かったと言って下さる方もいました。


後半は、着た後の手入れ・保管の仕方、虫干しやたとう紙、防虫剤の注意点など。

特に防虫剤の話では、頂いた帯を干さずに自宅のタンスにしまったところ、自宅の防虫剤と帯に残っていた以前の防虫剤が反応し、金が溶けて移ってしまった!という方もいました。

意外と知られていない、普段から役立つ情報を皆さん真剣にメモされていました。

正しく保管して、長く大事に着物を着たいですね!



■2回目の講座(実技)

2回目からは、しみぬきセットを使っての実技です。

講師が丁寧に説明しながら、ブラシの調節なども生徒さん自身で行います。


ブラシの当て方や霧吹きの使い方を、練習用の布を使って実践していきます。

最初は難しそうでしたが、2講座目が終わる頃には、すっかり上達されていましたね。


■3~4回目の講座(衿の汚れ&袖の汚れ)

3~4回目の講座では、実際にご自分の着物で実践していきます!

今回も紬や単衣、襦袢、色が出やすい着物など様々なものが。

ひとつひとつ講師がテストをしていき、その着物に合ったアドバイスをしていきます。


はじめは緊張して、ぎこちなかった生徒さんも、終わる頃にはスムーズに作業されていました!


また、女性の方は、ファンデーションの汚れも多かったようです。

生徒さんの中には、生地がどうにかなってしまっているのかと思っていたので、ベンジンを使って自分でここまできれいにできるなんて嬉しい!と言って下さった方もいました。


今回はいつもより少人数だったため、質問や相談の時間がたっぷりあり、「汗のシミを自分でとりたい!血液のシミをとる教室もやってほしい!」というご希望も上がったりしました!

またお昼休みには、生徒さん同士集まって、和気あいあいと会話を楽しむ姿もみられ、着物好きの和が広まる何かのきっかけになっていたらいいなぁ~と、こちらも嬉しくなるような教室でした^^

皆さん一日、本当にお疲れ様でした!



<<お客様の声 受講後のアンケートより>>

・防虫剤のお話がとても参考になりました。防虫剤のガスが、着物などにしみこんでいるのを忘れてしまいました。知人より譲り受けたものは、気をつけなければ、と思いました。(A・K様 東京都 40代)

・とても勉強になりました。教室に来ていなければ今頃、すべて半衿も洗いに出していました。(S・H様 神奈川県 40代)

・説明だけでなく、実演もやっていただけるのが良かった。(T・S様 )

・はじめは恐々ベンジンを使っていたが、スポッと汚れが落ちるので、楽しかったです。(S・Y様 東京都 30代)

・とっても興味深く、楽しかったです!質問にもご丁寧に答えて下さりありがとうございました。
今回は2時間目までで失礼させていただきましたが、3、4時間目も機会をみて参加したいと思っています。(M・C様 神奈川県)

・やはりこういうことは机上の知識だけではダメだなぁ、とつくづく思いました。
染み抜き用の晒はどのくらいの大きさで、どのくらい用意すべきなのか?とか、ここはティッシュで、ここは晒をつかうのか。。。とか、本には書いてない細かいことを得ることができました。
できれば、実習でも何かのしみを抜いてみたかったです。「おお!とれたー」が実感してみたかったです。(S・K様 東京都 40代)




R1022728 (640x478).jpg


R1022730 (640x452).jpg
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する